CNSパブリッククラウドコンピューティングサービス

CNSパブリッククラウドコンピューティングサービス

  • CNSパブリッククラウドコンピューティングサービスについて
    2018年2月より試験運用を開始し、VPSサービスとして利用が可能です。
    CNSパブリッククラウドコンピューティングサービスはMicrosoft Azureクラウドサービスを利用したサービスです。
  • 利用形態について
    ITCにて申請いただいた OS, スペック で仮想マシンを作成し、OSインストール直後の状態で提供します。
    サービスに必要なアプリケーション等は、ご自身でインストールして頂きます。
  • 申請ができる方
    SFC-CNS アカウントをお持ちの以下の身分の方が申請できます。

    • CNSフルアカウント所有者(CNSサブアカウント所有者は授業利用に限る)
  • 利用開始までの流れ
    以下の流れで利用可能です。

    1. [利用者] オンライン申請から利用申請
    2. [ITC] 申請を受理し、基本となる仮想マシンを作成
    3. [利用者] ITCから送られてきたメール内容を参照し、仮想マシンにSSHログインを行う
    4. [利用者] 初回ログイン時に初期ユーザのパスワード変更を行なってください
  • 注意事項
    1. 本サービス利用者は利用規約に同意するものとします。
    2. 仮想マシンは1人8台まで作成が可能です。
    3. 仮想マシンのシャットダウンは行わないでください。万が一シャットダウンしてしまった場合はITCで起動しますので cns-staff@sfc.keio.ac.jp までご連絡ください。
    4. 初期ユーザ名はご自身のCNSログイン名が設定されます。
    5. パスワードを忘れた場合は仮想マシンの再作成を行う必要があります。
    6. 利用規約に反しているとITCが判断した場合は、事前の通知なく仮想マシンを停止する場合があります。
    7. クラウドサービス提供事業者の都合(メンテナンス、契約条項ほか)によりCNSパブリッククラウドサービスが停止する場合があります。
    8. 本サービスの利用期間は2020年3月末日までです。期限に十分ご注意の上ご利用ください。
  •  フィルタリングの設定方法
    • デフォルトではSSH(22/tcp),HTTP(80/tcp).HTTPS(443/tcp)のみ許可されています。
    • ポートのフィルタ解除が必要な場合はITC(cns-staff@sfc.keio.ac.jp)にお問い合わせください。
  • サーバへの接続方法
    • ターミナル
      % ssh 割り当てられたIPアドレス -l CNSログイン名
    • PuTTY,TeraTerm
      以下の情報を入力するホスト名    : 割り当てられたIPアドレス
      ポート        : 22
      接続タイプ: SSH
      ユーザ名     : CNSログイン名